飛騨御嶽山2Days(春・秋 定期山行)

春と秋の御嶽をひっそりゆったり楽しむ2日間(のんびりペース)
1/8
DSC_0058.jpg
 ~担当ガイドよりひとこと~​
​春は三ノ池に浮かぶ氷山のような残雪、秋は澄んだ空気と紅葉を楽しみ、もちろん五ノ池小屋でのステイも楽しみましょう!少人数性ツアーなのでのんびり行きます。
内容

飛騨側の御嶽山登山口、標高1800mの濁河温泉から標高2800mの五ノ池小屋まで約5kmの道のりを5時間程度かけてのんびり登ります。五の池小屋到着後の天候が良ければ、荷物を置いてからガイドおすすめのとっておきの場所まで散策に行きましょう。小屋へ戻って夕食までは、まったり時間をお過ごしください。夕食の後はお待ちかねの(?)薪ストーブを囲んでピザとワインの宴時間です。

二日目、朝食の後は北御嶽の南の端の摩利支天山へ散策(体調などを考慮して四ノ池・三ノ池周辺の散策に切り替える場合があります)。戻ってきたら五ノ池小屋特製のシフォンケーキやアップルパイで最後のカフェタイムを楽しむのも良し。五の池小屋での時間を名残惜しむように少しのんびりしてから下山します。下山後は秘湯濁河温泉で入浴して汗を流しましょう。

五の池小屋は夕日も朝日もばっちり見える絶好のロケーション。五の池小屋泊でしか味わえないとっておきの二日間となること間違いありません。

※料金に宿泊代、入浴代、飲み物代、ケーキ代などは含まれていません。

ツアーの約2週間前に事前Zoomセッションを開催し、参加者とガイドで持ち物準備状況の確認やQ&Aの時間を設けるので、宿泊登山に慣れていない参加者の皆様にも安心してご参加いただけるようになりました。

スケジュール

【初日】

9時 濁河温泉登山口集合・登山開始(道の駅はなもも集合の場合7時30分集合)

15時 五ノ池小屋到着※到着が早い場合は継子岳散策(往復1時間程度)

17時 夕食(予定)

​※小屋の宿泊代はご自身でお支払いください(13,000円)

【二日目】

6時 朝食

7時 トレッキング開始・摩利支天山(展望台)まで空荷で散策(池めぐりの場合もあります。)

9時半 五ノ池小屋に帰着

シフォンケーキやアップルパイで下山前のカフェタイムをお楽しみください。

10時半 濁河登山口へ下山開始(下山途中に昼食)

14時 下山&入浴(入浴料はご自身でご負担ください)

​※濁河温泉集合の方はここで解散。道の駅はなもも集合の方は17時解散目安です。

【注意事項】

往復約12km 高低差約1100m 標高3000m程度の高山登山です。

登山未経験の方のご参加の場合はご相談ください。

天候によって大きくスケジュールが変更になる場合がございます。

警報級の荒天が予想される場合はツアーを中止しますが基本的には雨天決行です。

原則10歳未満、65歳以上の方のご参加はご遠慮いただいております。

【持ち物】

・登山用装備一式

・現金(小屋は現金支払いのみです)

・行動食(初日の昼食兼用)

​・インナーシーツ(2022年シーズンより小屋での寝具提供が再開しました。)

・宿泊装備一式

・入浴セット一式(下山後使用)

​※春は積雪状況によっては軽アイゼンが必要になります。

¥33,000/人

定員5名

ガイド料・保険料・税込み。

※参加者ご自身の宿泊代が別途発生します。

開催日2022年
春:6月18(土)19(日)
​秋:10月1(土)2(日)
最低催行2名・最大5名まで

・集合場所 

​小坂登山口(濁河温泉口)または、
飛騨小坂ビジターセンター

​大人気 五の池小屋のWEBサイトはこちら
​↓↓↓

スクリーンショット 2021-12-04 141312.jpg

一泊登山の持ち物について
​↓↓↓