冬の御嶽山(森林限界まで)

​蒼と白の世界へ、厳冬の御嶽山に出会う
1/1
【内容】

冬の御嶽山は他の季節にはないシンプルな美しさを持っています。青空と白い雪面。眼前に広がる白い山並み。登山口から森林限界付近までほとんど眺望が利かないだけに最後まで上り詰めた時に目の前に広がる景色に感動すること請負です。夏や秋に登ったことがある方ならなおさら、その劇的な変化に感動せずにはいられません。ゴールを森林限界付近に設定し、絶景を眺めながらの至福のランチタイム。がんばった皆様にはガイドからサプライズがあるかも!?標高差約800m、往復8km弱の行程は積雪状態や天候によって登りやすさが大きく変わります。しっかりとした体力で臨みたいですね。

 

とはいえ冬の御嶽山はひとたび荒れれば想像を絶する地獄と化します。安全のためもさることながら、森林限界からの絶景を楽しむことが目的です。そのため今回の登山は確実に天気・機構が良い日を狙って登るので気候・積雪が安定しやすい3月下旬にまとめて複数候補日を設定しました。

冬山の番外編、絶景を望めるこのタイミングに是非万全の準備で挑戦しましょう!

【スケジュール】
AM8:00 濁河温泉登山口(小坂口)集合
PM12:00 森林限界付近に到着(ランチ)
PM4:00 濁河温泉登山口へ下山・解散

【持ち物】
・登山靴(かならずしも冬靴の必要はありませんが防寒の工夫が必要)
・ウェア(かならずしもハードシェルである必要はありませんがレイヤリングに工夫が必要)
・グローブ(インナーグローブとアウターグローブ。予備も含めて)
・ゴーグル(サングラスに合わせてゴーグルも携帯)
・昼食
※アイゼン・ピッケルは不要です。スパイク(軽アイゼン・チェーンスパイク)スノーシュー・ワカンが必要な場合があります(レンタル有)
 
 
【ご参加の前に】
今回の御嶽登山は夏山などの登山未経験者には不向きです。
また、コンディションによっては夏の登山よりもハードになります。体力に自身が無い方はご参加ご遠慮ください。
Junkumazaki.jpg
私は御嶽山の冬の姿が最も好きです。目の前には真っ白に化粧した摩利支天山、振り向けば白山、隣には乗鞍岳などの絶景を最高のロケーションでお楽しみいただけます。

¥11,000

定員6名
開催日2021年
​3月21日・27日・28日
​設定日以外でも応相談
最低催行2名・最大6名まで

・集合場所

​​濁河温泉登山口